宅建の通信講座選びの、絶好のポイント

宅建,通信

宅建は難易度が厳しい試験のひとつ。とはいっても、通信講座がその厳しさを大幅に緩和してくれます。

それでは、受験者の味方になってくれる素敵な通信講座はどうやって選択したらよいでしょうか? 今では、「宅建」「通信講座」で検索しても何社も、へたをすると10社以上も怒涛のように表示されてしまうご時世です。
ここではだいたいのポイントをご紹介しましょう。

テキストの読みやすさ
テキストの文章がわかりやすいかどうかは、最重要確認事項でしょう。
もっとも文章の書き方ばかりを見ていてはいけません。文章を長時間読んでいても疲れない工夫があるかどうかも大事です。
余白の分量や文字の大きさ、そして配色についても注意しましょう。

※配色は、おおかたの受験者の想像に反して重要です。
 文字色が適度にカラー化されていることや、図表やイラスト等に彩色がいっぱい施されていることは、
 疲れずに、そして飽きずに読むためには不可欠なポイントです。

映像の見やすさ
今では、DVDを中心にした映像形式の教材が宅建の通信講座に付随することが常識です。
このような映像は、ただ授業が再現されていればOKなんてことはまずありません。
ただ授業を忠実に再現できても、それだけではいずれ飽きてしまいますし、集中力だって落ちてしまうのです。

テキストにも通じるポイントですが、DVDであればDVDを毎日リピートしても勉強のペースが落ちないように気配りしてあるほうが絶対に得です。
実際に、NHKスペシャルのような画面の構成や移動が当たり前のように盛り込まれているDVDが実際に、宅建の通信用につくられています。ただ授業を撮影して販売している会社には頼らないほうがよいでしょう。

>>この勉強法なら宅建攻略は短期間で可能です。