就職・転職の難易度

宅建, 就職・転職

宅建は、就職・転職に有利な資格の代表格と言われています。
このページでは、宅建資格が就職・転職に有利と言われている理由について、不動産業界の現状なども交えながら述べていきたいと思います。

不況の影響もあって、宅建に限らず、資格取得熱が高まっています。確かに、「資格」とは、ある専門的な知識や技能を習得していることの証ですので、格好の自己PRとなります。しかし、資格(それがたとえ国家資格であったとしても)のすべてが、就職・転職する上で武器になるというわけではありません。

たとえば、社労士や行政書士といった資格を見てみましょう。これらは、宅建以上に取得が難しい超・難関資格で、知名度も抜群です。業務の専門性が高いぶん、独立・開業する上では大いに役立つ資格と言えるでしょう。しかし、就職・転職という観点に立つと、社労士や行政書士の有資格者を求めている企業はどれくらいあるでしょうか?もちろん、持っているに越したことはありませんが、持っているからと言って、特別厚遇されるケースというのはあまりないと思います。むしろ、資格はなくても、業務の実務経験がある人の方が厚遇されるでしょう。

しかし、宅建は違います。宅建の有資格者を求めている企業は不動産業界を中心に多数ありますし、また有資格者は給与等の面でも厚遇されるケースがほとんどです。
宅建の有資格者が厚遇されるのには、理由があります。実は、宅建業を営む不動産会社は、従業員の5人に1人以上は必ず宅建の有資格者を雇わなければならないというルールがあります。なので、企業の側からすると、宅建の有資格者というのは、業務を行う上で必須の人材で、何が何でも確保したいわけです。場合によっては、不動産業の実務経験の有無よりも、資格の有無の方が重視されるので、宅建資格は、異業界から不動産業界への転職に際しても有利に働きます。

宅建資格は、就職・転職する上で強力な武器となる資格ですが、しかし入社後に、活躍できるか・できないかは、やはり自分の腕次第となります。宅建試験に合格することは、ひとつの大きな目標ではありますが、受験勉強に際しては、就職・転職後の活躍も視野に入れて、貪欲に学ぶ姿勢が求められます。

>>この勉強法なら宅建攻略は短期間で可能です。