宅建資格を取得することの意味

宅建, 難易度

宅建試験は、100人中80人以上が不合格になってしまう難易度の高い試験です。学習範囲も広く、約1年にも及ぶ受験勉強は決して楽なものではありません。にも関わらず、毎年20万人近い受験生たちが、合格を目指して、宅建試験にチャレンジしています。つらい受験勉強を乗り越え、難易度の高い試験に果敢に挑んでまで取得を目指す、宅建とはそもそもどんな資格なのでしょうか?そして、それほどまでに多くの受験生を引きつける魅力とは、どこにあるのでしょうか?

宅建の試験科目が多岐にわたることからもわかるように、不動産の取引には、さまざまな法律・権利・税金などが関わっています。そうした広範かつ専門的な知識に精通し、一般の人が安心して不動産取引が行えるようにサポートするのが、宅建主任者の役割です。マイホームを始めとした不動産は、人生で一番大きな買い物ですから、それが円滑に行われるようにプロの立場からサポートする宅建主任者の責任は重大です。しかし、だからこそ、大変やりがいのある仕事だとも言えます。このやりがいの大きさが、難易度の高い試験にチャレンジする上でのモチベーションのひとつになっていることは間違いないでしょう。

もちろん、社会的責任が大きく、やりがいのある仕事につながる資格は、他にも数多くあります。その中でも、宅建試験が多くの人たちに選ばれる理由に、報酬の側面もあると思います。宅建主任者が主に活躍する不動産業、特に不動産営業の世界は真の実力社会です。入社後しばらくは、固定給が多めの給与体系となっていますが、その後は、歩合給の比率が大きくなっていきます。すなわち、頑張れば頑張っただけ、給与額に反映され、月収100万円超を目指すことだって可能です。そこには、年齢や学歴、性別による区別はありません。ここまで公平な実力社会というのは、他の業界にはあまり例がないのではないでしょうか。

そして、宅建は、次なるステップとして独立・開業をも目指せる資格です。難易度の高い試験を見事パスした暁には、それ以上に大きな果実を得ることができる点こそが、宅建の真の魅力なのかもしれません。

>>この勉強法なら宅建攻略は短期間で可能です。