宅建の勉強法

宅建, 難易度

不動産と法律両方に関する高度な知識が求められる宅建は、他の国家資格ほどではありませんが、それでも難易度の高い試験であることに変わりありません。また、合格ラインが明確に定められていないため、事前に得点の作戦が立てにくいという難しさもあります。

それとは対照的に、受験勉強の難易度に関しては、それほど高いとは言えません。むしろ、宅建は学習しやすい部類に入る資格試験だと言えます。というのも宅建試験の場合、受験者数が多いこともあって、受験勉強をするための環境がたいへん整っているからです。

まず、宅建には、受験指導校が多数あります。大手の資格の学校が宅建講座を開講しているケースもありますし、宅建専門の学校なども存在します。こうした受験指導校を利用することで、受験生は、膨大な試験範囲を効率的に学習することができます。また、わからない箇所があればすぐに講師に質問することができたり、机を並べるライバルたちから刺激を受けたりできる点も、受験指導校に通う大きなメリットです。ただし、受講料が高い点と、時間を拘束される点で、万人におすすめとは言い難い面もあります。

むしろ、その「費用対効果」の高さから、最近人気を集めているのが通信講座です。まず、通信講座も、受験指導校同様に、受験のプロがテキストやカリキュラムを作っているため、学習効果は折り紙つきです。通学と同等の学習効果を期待でき、かつ料金は格段に安いわけですから、通信講座に人気が集まるのもわかります。ただし、通信講座の質には、残念ながらバラツキがあるので、「大手だから」といった理由で安易に選ぶのではなく、資料を取り寄せるなどして、しっかり比較・検討した上で選ぶ必要があります。

また、宅建試験は、頑張れば独学でも合格を狙える難易度の試験です。幸いなことに、宅建試験の受験関連本は、テキストから問題集、入門書から過去問まで、とても充実しているため、自分に合った教材をきっと見つけることができるでしょう。さまざまな教材を組み合わせて、オリジナルの学習法を確立できる点も、独学の魅力のひとつです。
ただし、最初にも述べた通り、宅建試験においては、不動産と法律両方に関する高度な知識が問われます。初学者にとってはたいへん難易度の高い試験なので、できれば通学または通信を利用することをおすすめします。

>>この勉強法なら宅建攻略は短期間で可能です。